2018.06.11 Monday

3Dプリンティングロボットによる高自由度建築事業モルタル搬送_MM081

0

     

    みなさまこんにちは。夏日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

     

     

     

     

    実はうちの子は・・・早いもので大学デビューし、アメリカまで遠征してました!

     

     

     

     

     

    ・・・うちの子=新明和(うち)のスクイズポンプ(子)です。

     

     

     

     

     

    新明和の粘性物移送用スクイズポンプ(以下MM081)に興味を持たれた東京大学のご担当者様からお声がかかり、

    学内コンテスト用にデモ機をご利用いただきました。

     

     

     

    コンテストのテーマは

     

     

     

     

     

    「3Dプリンティングロボットによる高自由度建築事業モルタル搬送」

     

     

     

     

     

    写真の矢印で示しているものがMM081です。

     

     

     

     

     

     

    コンテストの結果は・・・

     

     

     

     

     

     

     

    何と・・・・・

     

     

     

     

     

     

    じゃじゃ〜〜ん!☆★優勝しました★☆

     

     

     

     

     

    これにはみなさま大喜び。めでたしめでたし〜〜では終わらないんですよね。

     

     

     

     

     

    海を渡ってサウス・バイ・サウスウエスト(以下、SXSW)に参加しました。

     

     

     

    SXSWとは?

    「『Interavtive』『music』『Film』を愛する人々が10日間で20万以上集まる世界最大級のフェスティバル」

     

    毎年3月にアメリカ・テキサス州オースティンの街全体を使って開催されます。

     

     

     

     

     

     

     

    はじめての飛行機、はじめての海外、とても緊張しました。

     

     

     

    たくさんの方がブースにご来場されました。

     

     

     

     

     

     

    展示会ではMM081に関するお問い合わせも多く、

     

     

     

     

     

     

    会場でポンプの仕様についてその場で確認される方もいらっしゃいました。

    こんなにも多くの方に注目され、とてもうれしい限りです。

     

     

     

     

     

     

    国内外問わず、これからもスクイズポンプをどうぞ宜しくお願いいたします。

     

     

     

     

     

    〜補足〜

    こちらのページに展示やプロジェクトの詳細が載っています。(英語版のみ)

    Archileon -Change architecture. Build with a 3D printer. 

     

     

     

     

     

    ★☆東京大学のご担当者様、チームの皆様、本当にありがとうございました☆★

    2017.08.20 Sunday

    化学会社汚泥引き抜き_MM302

    0

      工場の水回りのお困りごとが多い今日この頃。

       

       

       

       

       

      今日は某工場に来ています。

       

       

       

       

      この工場では工業用水として使われる中水を近くの川から引っ張って来ているのですが、一度、沈殿槽で泥等を沈めてから、工場内に送水しています。

       

       

       

       

      ところが、泥が溜まり過ぎて中水が濁り始めたため、汚泥を引き抜く必要が出て来ました。

       

       

       

       

       

      そこで、沈殿槽の水抜きとバキュームの費用を見積もったところ・・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

      数千万円!

       

       

       

       

       

       

       

       

      ありえません・・・。

       

      そこで、水を抜くことなく汚泥を移送することができるスクイズポンプ(MM302)に白羽の矢が立ちました。

       

       

       

      出た!

      image1.jpg

       

       

      粘性物とはとても言えない、かなり水分を含んだ汚泥でしたが、問題無く移送することができました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      かなりシャバシャバです。

      image2.jpg

       

       

       

       

       

      今後定期的に引き抜を行い、産廃業者に引き取ってもらうそうです。

       

       

       

       

       

       

      おしまい

       

       

      btn_to_contact.png

       

      2017.08.01 Tuesday

      製菓会社汚泥引抜_MM301

      0

        今日は某工場の廃水処理施設に来ています。

         

         

         

        工場には汚れた廃水を処理する施設が付きものですが、その過程に廃水に空気を送り水中の微生物を活性化させることで汚れを分解する、ばっ気処理という処理工程があります。

         

         

         

        ばっ気槽を上から見たところ。空気が送り込まれて泡立っています。

        image1.jpg

         

         

         

         

        ばっ気槽の底には水中に空気を微細に送り込む散気装置が置いてあるのですが・・・。

         

         

         

         

         

        廃水内の汚泥が槽底に堆積したことから、散気装置の能力に支障をきたしてしまいました。

         

         

         

         

        結構、大変ことに・・・。

        image2.jpg

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        そこで、こいつの出番です!

        image3.jpg

         

         

         

         

        MM301!沈殿している汚泥を吸い出します。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ほとんど水なのでサラサラですが、ちゃんと汚泥も吸引。

        image4.jpg

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        上手く吸引できました。

        image5.jpg

         

         

         

         

         

         

         

        散気装置の能力を阻害する堆積物を減らすことに成功しました!

         

         

         

         

         

         

         

        おしまい。

         

         

        btn_to_contact.png

        2017.07.15 Saturday

        左官作業の時間短縮_MM081

        0

          壁にモルタルを塗る定番の左官作業ですが、スクイズポンプを使って壁面に吹き付けることも良く行われます。

           

          それでも、狭い場所での作業となるとまだまだ人の手で行われるのが普通です。

           

           

           

          モルタルの吹き付けによく使われるMM301

          2-1.jpg

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          今回、MM153を持ち込むにはかなり手狭な現場だったので、ハンディタイプのMM081をテストしてみました。

           

           

           

          ホッパー&タイヤ付きバージョン

          2-2.jpg

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ガンの口径もかなり細いので、果たして上手く吹き付けることができるのか・・・

          2-3.jpg

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          良い感じで吹き出ています。

          2-4.jpg

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          内臓みたいな吹き付け模様

          2-5.jpg

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          左官ゴテで表面を平らに。良い感じの厚みです。

          2-6.jpg

           

           

           

           

          モルタルの塗り付け作業にスクイズポンプを使うことにより、時間短縮が実現しました。

           

           

           

          広い面の場合の左官作業では特に有効ですね!

           

           

           

           

          おしまい

           

          btn_to_contact.png

           

          2017.07.01 Saturday

          鉄鋼スラリー引き抜き_MM301

          0

            今日は鉄鋼製品メーカーの工場に来ています。

             

             

             

            鉄鋼製品は加工の過程で細かいススが大量に発生するため、表面を洗浄し、流さなくてはなりません。

             

             

             

            水を含んだ大量のススはドロドロのスラリーとなるので専用の水槽に集めておくのですが・・・

             

             

             

            この有様

            image1.jpg

             

             

             

             

             

             

             

            以前はバキュームカーで吸引していましたが、コストがかなり高価だったことから、手作業で汲み取りに変更・・・ただし、相当な重労働。

             

             

            考えただけで、気の遠くなる作業です・・・。

             

             

             

             

            そこでこいつ、MM301の出番ですよ!

            image2.jpg

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            こんな風にして、廃棄用の容器へ移送します。

            image3.jpg

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            出るわ出るわ。

            image4.jpg

             

             

             

             

             

            このようにして上手くスラリーの吸引に成功しました!

             

             

             

            吸引したスラリーは空き缶に溜め、産廃処理業者に引き取ってもらっているそうです。

             

             

             

            バキュームカーや手作業によるコスト削減につながりました!

             

             

             

            おしまい

             

            btn_to_contact.png

            2017.06.30 Friday

            橋脚補強工事_MM352

            0

              最近、地震や水害といった大規模な自然災害が多いですね。

               

               

              その影響で老朽化したインフラ設備の補強工事が増加していますが、電車の橋脚の補強もそうした工事の一つです。

               

               

               

              高架下の現場です。

              image1.jpg

               

               

               

              老朽化した橋脚に鉄筋を巻き付け、その上からモルタルを吹き付けて補強します。

               

               

               

               

               

               

              スクイズポンプ(MM352)を経由し、

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              image3.jpg

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              現場へと移送されます。

              image4.jpg

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              鉄筋が巻き付けられた橋脚。ここにモルタルを・・・

              image5.jpg

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              吹き付け!

              image6.jpg

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              吹き付けるためのガンは付属品。

              image7.jpg

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              鉄筋が徐々にモルタルに覆われてきました

              image8.jpg

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              橋脚の四方に吹き付けます。

              image9.jpg

               

              このようにして補強工事にスクイズポンプが使われています。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              頑丈な橋脚にリニューアル!

               

               

               

               

              おしまい

               

              btn_to_contact.png

              2017.05.25 Thursday

              養豚場用飼料の移送_MM301

              0

                初めての現場です。

                 

                 

                 

                 

                養豚場!

                 

                 

                 

                呼んだ?

                 

                 

                 

                 

                 

                養豚場でどんな使い方を???と思っていたのですが・・・

                 

                 

                 

                豚のエサの分配用とのことです。

                 

                 

                 

                 

                奥にある大きな装置がえさの調理鍋。

                image2.jpg

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                鍋を上から見た図。こんな風に混ぜて作るんですね。

                image4.jpg

                 

                 

                 

                 

                豚のエサはこの大きな鍋で調理され、ここから個別にバケツに注がれ、配分されるのですが・・・、

                 

                 

                 

                 

                エサをバケツに注ぐには人力で鍋を傾けなくてはならないんです!

                 

                 

                 

                 

                しかも粘性が高いため、2杯目以降、上手く注げなくなることしばし。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ・・・これは何とかしたい。

                 

                 

                 

                そこで、MM301を使い、バケツまでエサを移送してみました。

                 

                 

                 

                 

                ホース注入

                image4.jpg

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                良い感じで注入できましたよ!

                image5.jpg

                 

                 

                 

                 

                 

                今まで数人がかりで鍋を傾けバケツに配分していた作業が、スクイズポンプの導入により、大幅に軽減できました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ありがとよ!

                 

                 

                btn_to_contact.png

                 

                2017.04.26 Wednesday

                マンションモルタル_MM180

                0

                  今日はマンションの建設現場に来ています。

                  ミキサー車でモルタルが運ばれて来ました。

                   

                   

                  スクイズポンプの使い途としては定番のモルタルの移送なんですが・・・

                   

                   

                   

                   

                  どーん!

                   

                  高い・・・まぶしい・・・14階という高層階へのモルタル移送。

                  そんなことが果たして可能なのか・・・トライしてみます!

                  わかりにくいのですがここにスクイズポンプ(MM180)があります。

                   

                   

                  こんなかんじでホースを伸ばし……

                   

                   

                   

                  14階のベランダまで……

                   

                   

                   

                  いったー!

                   

                   

                   

                  あとは職人さんが丁寧に整えて・・・

                   

                   

                   

                  完成!!!

                   

                   

                   

                   

                   

                  しかし、こんなマンションに住んでみたいもんですね……

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  おしまい

                   

                  btn_to_contact.png

                  2017.02.17 Friday

                  冬場のオイル交換_MM081

                  0

                    寒い日が続きますね。

                     

                    こんな日は現場での機器点検なんてさっさと終わらせて、早く家に帰って、暖かい鍋でもつつきたいものですが、巨大な機械のオイル交換作業となると、中々そうもいきません。

                     

                     

                    しかも、冬場はオイルが冷えて固まってしまい、機器を傾けてもスムーズに流れ出て来ないため、現場作業が長引いてしまうことがよくあります。

                     

                     

                    そこで、ハンディタイプのスクイズポンプ(MM081タイヤ付タイプ)を使い、オイルを引き抜いてみました。

                    image1.jpg

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    今回、このために特別にノズルとホースを作りました。

                     

                    装着!

                    image2.jpg

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    こんな感じでオイルを抜いてみました。

                    image3.jpg

                    良い感じで引き抜くことができています。

                    image4.jpg

                     

                    今度は同じポンプを使い、逆にオイルを注入してみました。

                     

                    image5.jpg

                     

                    新しいきれいなオイルを・・・

                    image6.jpg

                     

                    オイルの引き抜き時と絵的に変わりませんが、よく見るとオイルがきれい。注入!

                    image7.jpg

                     

                     

                     

                     

                    こんな感じで作業時間が1/8に短縮できたんですよ!

                     

                     

                     

                    おかげでこの後飲みに行けましたよ(^^)

                     

                     

                     

                    おしまい

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    image8.jpg

                     

                     

                    btn_to_contact.png